島薗進(しまぞのすすむ)

島薗進

(2019.12.12更新)

島薗進(しまぞのすすむ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本の宗教史、とくに明治以降の宗教史を研究する一方、現代、宗教はどこへ向かうのか、今後の人類にとって宗教はどのような意義をもつのかを考えてきました。科学技術と人のいのちの関わりを問う死生学にも取り組んでいます。


 のべ 247 人がこの記事を参考にしています!

島薗進(しまぞのすすむ)

公式ツイッター@Shimazono

公式ホームページ@島薗進・宗教学とその周辺

宗教学に親しみ、40年を経ました。

近代形成期から現代までの日本の宗教史の研究を中心に、現代世界の諸地域の宗教のあり方の比較研究を進めてきました。この10数年は、医療と関係する領域での仕事が増えてきて、死生学という新たな領域に踏み込んでいます。

人文社会系の諸学問領域に関心があり、不勉強を承知で手を広げてきました。しかし、人間の死生や生き方、そしてともに生きることの喜びと悲哀の近くで仕事をしていきたいという気持は変わっていません。

公式ホームページの自己紹介より抜粋

経歴

1948年東京生まれ。

東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科教授(宗教学)を経て2013年から上智大学大学院 実践宗教学研究科 教授で、上智大学グリーフケア研究所所長も兼ねる。専門は近代日本宗教史、死生学。宗教者災害支援連絡会発起人、原子力市民委員会委員、「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人などもつとめる。17年7月には、世界平和アピール七人委員会委員に就任。

筑波大学哲学思想学系研究員、東京外国語大学助手・助教授を経て、東京大学文学部(大学院人文社会系研究科)宗教学宗教史学科教授。

著書に、『宗教ってなんだろう?』(2017年、平凡社)、『宗教を物語でほどく』(16年、NHK出版新書)、『いのちを“つくって”もいいですか?』(16年、NHK出版)、『宗教・いのち・国家』(14年、平凡社)、『国家神道と日本人』(10年、岩波新書)など、共著に『近代天皇論』(17年、集英社新書)、『愛国と信仰の構造』(16年、集英社新書)など多数。

所属・関連機関

上智大学グリーフケア研究所

日本宗教学会

国際宗教学会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. エホバの証人とは【中立的な解説まとめ】
  2. ヤマギシ会で知っておくべき4の常識【特集まとめ】
  3. 宗教のやばい話3選【日本三大カルト】
  4. 修験道とは?天狗を山神に!?【修験道入門編】
  5. 仏教を英語で一言だけで説明したらこうなった!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


今週、最もアクセスのあった記事

  1. 幸福の科学
  2. キリスト教 歴史
  3. ニーバーの祈り
  4. 霊波之光とは 評判
  5. PL教団 PLタワー

あなたにおすすめの記事

  1. 呪いの人形
  2. 宗教 漫画
  3. 浄土真宗本願寺派
  4. エホバの証人 輸血
  5. 顕正会とは

カテゴリー(ドロップダウン表示)

  1. エホバの証人 輸血

    エホバの証人

    エホバの証人が輸血拒否する本当の理由
  2. オウム真理教 まとめ

    オウム真理教

    オウム真理教まとめ大百科【完全調査決定版】
  3. 神道 政治 連盟

    神道

    神道政治連盟とは?神社本庁の一手になるか
  4. 創価学会 不満

    創価学会

    【創価学会のリスク】現役創価学会員の本音
  5. 立正佼成会とは

    立正佼成会

    立正佼成会とは【全盛期の面影がない宗教No1】
PAGE TOP