島田裕巳(しまだひろみ)

島田裕巳

(2019.09.17更新)

島田裕巳(しまだひろみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本の宗教史、とくに明治以降の宗教史を研究する一方、現代、宗教はどこへ向かうのか、今後の人類にとって宗教はどのような意義をもつのかを考えてきました。科学技術と人のいのちの関わりを問う死生学にも取り組んでいます。


島田裕巳(しまだひろみ)

公式ツイッター@hiromishimada

公式ホームページ@宗教学者、作家『島田裕巳』公式ホームページ

公式ブログ@島田裕巳の「経堂日記」

経歴

1953年東京生まれ。

東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。

学生時代に宗教学者の柳川啓一に師事し、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点から宗教現象を分析することに関心をもつ。大学在学中にヤマギシ会の運動に参加し、大学院に進学した後も、緑のふるさと運動にかかわる。雑誌『80年代』の立ち上げにも参加する。

大学院では、コミューン運動の研究を行い、医療と宗教との関係についても関心をもつ。放送教育開発センターの時代には、放送教育、遠隔教育の研究にも従事する。日本女子大学では宗教学を教える。

大学退職後は著述に専念し、その傍ら劇作にも挑戦し、2作が上演される。2作とも現代を代表する役者、若き日の堺雅人が出演した。

主な著書に、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』、『葬式は、要らない』、『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)などがある。とくに、『葬式は、要らない』は30万部のベストセラーになる。宗教美術についての通史『日本宗教美術史』(芸術出版社)、映画について論じた『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、はじめての小説作品『小説日蓮』(東京書籍)、生まれ順による相性について解説した『相性が悪い!』(新潮新書)などもあり、カバーする領域は広い。『プア充』(早川書房)、『0葬』(集英社)などは、大きな話題になるとともに、タイトルがそのまま流行語になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 顕正会で知っておくべき6の常識【特集まとめ】
  2. 四国遍路入門【歩き?車?バス?自転車?何で行く】
  3. 空飛ぶスパゲッティモンスター教とは何か【スパモン教・完全解説】
  4. 幸福の科学で知っておくべき10の常識【特集まとめ】
  5. 道教とは何か【3つの特徴】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


今週、最もアクセスのあった記事

  1. 道教
  2. キリスト教 日本
  3. キリスト教 プロテスタント
  4. 仏教 英語
  5. 呪い 代行

あなたにおすすめの記事

  1. 統一教会 結婚
  2. 崇教真光 芸能人
  3. ヒンズー教
  4. 創価学会 結婚
  5. 危ない宗教団体ランキング

カテゴリー(ドロップダウン表示)

  1. 創価学会 結婚

    創価学会

    創価学会でも結婚でトラブルにならない3つの方法
  2. 神道 葬式

    神道

    神道の葬式は神葬祭【喪主や弔問客の8つのマナー】
  3. みすず学苑 広告

    みすず学苑

    みすず学苑は広告の評判が抜群?新しい宗教の在り方
  4. 創価学会 脱会

    創価学会

    創価学会の脱会方法と脱会する3大理由【2019最新版】
  5. 幸福の科学 二世信者

    えらてんチャンネル

    幸福の科学ってなぜあんなお金がいっぱいあるの?二世信者にインタビューしてみた
PAGE TOP